2011年8月1日月曜日

ダマスカスで

ずれていますが、今年2月の出来事です。


アラブらしい雰囲気を求め、私たちは隣国シリア・ダマスカスへ向かうことに。
6人乗りの乗合タクシー(前後3人ずつ 乗車料金は1人15ドル!)に乗りました。
ホテルから乗合タクシー乗り場までは10分ほどで10ドルもしたので、
安すぎて少し不安になりました。


ダマスカスへは3時間から4時間とのこと。

入国審査は1時間半まで待つけど、
それ以上かかる場合は降りてもらうよ、と言われていたのですが
国境もすんなり超えられて無事到着しました。



それほど遠くはない2つの都市なのに、
ダマスカスは、都会のベイルートとはぜんぜんちがいました。
埃っぽくて、クラクションの音がうるさくて、マックもスタバも見当たらないし・・・
なんかいい感じの場所・・・気に入りました。



シリアのチャイとトルココーヒー。 チャイグラスは隣国トルコのと同じ。



スーク(市場)の天井!プラネタリウムみたいできれい。



下着屋さん・・・


広ーい市場をぐるぐる歩いて、寄木細工やアレッポ石鹸や、楽器屋さんをのぞいたり。
あっという間に時間が経ってしまいます。


夜はホテルの人に予約してもらった、ホテルのベリーダンスショーへ。


豹柄のスパッツの衣装です。似合っていました。



レバノンの曲が多かったです。



トイレで、若くてかわいいシリアの女優さんと仲良くなり、
彼女のグループに合流することに。
すごくおいしいウイスキーとフランスのシャンパンをご馳走になり
すご~く楽しくなりました。



生演奏(歌手付)で3時ころまで、みんなでダンス。


こういう場所で恥ずかしがらずに踊れるようになりたいな、というのが
私が最初にダンスを始めたきっかけのひとつだったことを思い出しました。

0 件のコメント:

コメントを投稿