2010年11月24日水曜日

肚皮舞

中国語でベリーダンスは肚皮舞(たしか、トーピウ)というそうです。
おなかの皮の踊りという意味だそうで・・・ :-D

私の高校時代の友人が中国に住んでおり、
彼女は偶然にも、ベリーダンス教室の生徒さんの小学校時代の幼馴染だったということが判明。
そういうわけで、二人で共通の友人の住む中国・厦門を訪問しました。

台湾から飛行機で2時間。南の国です。
中国人のあこがれの街なんだとか。引退後、引っ越してくる人が多い街なんだそうです。



中国は2回目です。前回の訪問は4年前。ウイグル自治区を訪れました。
http://plaza.rakuten.co.jp/habibe/diary/200906030000/
http://plaza.rakuten.co.jp/habibe/diary/200906090000/

あの旅では、トイレに行きたくないので(気を失いそうだった)
水も、食べ物も控えました。食欲もわきませんでした。
美しい女性まで、道でも、建物の中でさえも、
癖のように「かーっ、ペッ」とタンを吐くのです。

同じ中国ということで、覚悟して行ったのですが、
厦門には、ゴミもあまり落ちていなかったし、タンをはく人もたまにしか見かけませんでした。
街もきれいに整備されていたし、清潔でした。広い中国では、同じ国なのに西端と東で、ここまで違うんですね。 中国のイメージがだいぶ変わりました。




食べ物が想像以上に美味です。写真左は今が旬の上海蟹。
食べなかったけど右はワニ!



友人のママ仲間が厦門でベリーダンスを習っているということで、
私たちも、レッスンを受けさせてもらいました。
先生も可愛く、教え方お上手で、生徒さんも熱心でした。楽しかった。
中国語で何度もカウントするので数字も8まで覚えましたよ。

レッスン着も衣装も、国産を使っているようで、
なんとなくアジア風。色遣いが中国だからでしょうか。


ベリーダンスにくぎ付けの友人の息子ちゃん


休み時間、私たちはスタジオ内のソファに座ってレッスンが始まるのを待っていました。
生徒さんの一人が、私たちを前にして真剣に踊りはじめました。
日本の教室では見ない光景だと思いました。4曲ほど踊りました。

日本人の私たちは、遠慮とか恥じらう気持ちがとても強いので、
おそらく、こういうことをできる人は少ないと思います。
ショーで踊るときも、やはり少し遠慮したり、恥じらう気持ちを持ちながら
踊っている人が日本人では多い気がします。


パンダ


●PERSEMBE ベリーダンスライブの予定

ベリーダンスクリスマスライブ
2010.12.23(木・祝)

start/20:30&21:15 入れ替えなし
料金 前売り¥2500 当日¥3,000(1ドリンク付)
場所 エルマンゴ
札幌市中央区南7条西3丁目青樹社ビルB1F
ご予約 011-512-0195(18:00~)


2 件のコメント:

  1. 先生!パソコンがやっと生き返りここにたどりつきました。拝見しているだけで健康になれそう!素敵なページですね。私はマラソンを往年に何度もしたことがありますが、いまなら生死をかけないとできないでしょう。笑

    また拝見にきますね。

    多聞

    返信削除
  2. 多門さん

    訪問いただきまして、ありがとうございます。
    ランニング、さすがに寒くてできていないですが
    早く再開したいです。暖かくなる日が待ち遠しいですね。
    これからもよろしくお願いします。

    はびべ

    返信削除